Loading
  • 株の配当金ってなに?どうやったらもらえるの?

株主総会にはどうやったら出席できるの?

株主総会にはどうやったら出席できるの?

株主総会とは、会社の決算報告や、取締役や監査役の人事異動に関する決議など、そこの企業の株式保有している人が、意思決定を行う場になります。
株主なら誰でも出席することができ、保有している株数によって、議決権の投票できる数などが変わってきたりします。

株主総会は、株式を保有していれば出席することができますが、いつでも保有していれば出席できるというわけではありません。
企業から株主総会の案内が届く必要があるのですが、その案内が届くためには、案内を発送されるときに、企業の株主名簿に記載されている必要があります。
そのためにはある特定のときに、株式を保有している必要があります。

ある特定の日とは、権利確定日です。
例えば、3月決算の企業なら、3月の権利確定日に株式を保有していれば、株主総会に出席することがてきます。
権利確定日は、通常、決算月の末日の株式が取引されている営業日になります。

ただし注意しないといけないのが、権利確定日に株式を購入しても、株主総会に出席することはできません。
株式は、購入してから受け渡しまでに4営業日必要になります。
つまり、売買が成立してから4営業日目に自分の名義に書き換えられるのです。
なので、売買が成立した時点ではまだ、自分の名義になっていないので、権利確定日に購入しても株主総会には出席することができないのです。

株主総会に出席するためには、逆算して権利確定日の3営業日前には購入する必要があります。
つまり、3営業日前に売買が成立していれば、ぎりぎり権利確定日には自分の名義に書き換えられているので、株主総会の案内が届き出席することができます。

権利確定日に株式を保有していれば、例え翌営業日の権利落ち日に売却しても、株主総会には出席することがてきます。
保有している期間がたった1日だったとしても、権利確定日にさえ保有をしていれば出席することはできます。
逆にら権利確定日以外にどれだけて保有していても、出席することはできません。

株主総会ではなにを決めるの?

株主総会とは、よくニュースなどで耳にしますが、実際は何をする場なのか知らない人も多いと思います。
株主総会では、企業の決算報告も行いますが、企業の重要事項を株主が決定します。

この企業の重要事項とは、さまざまなものがありますが、企業の定款の変更や取締役、監査役など選任、会社の解散や合併などです。
また、M&Aなどの企業買収による防衛策の発動の許可などがあります。

企業の重要事項の決定に株主は、賛成や反対の投票をします。
通常、保有している株数によって、投票できる数が変わってきます。
投票できる数は、1単元につき1票になっています。
株主総会に出席しないと投票できないわけでなく、遠方に住んでいたり、色々な事情で出席できない人は、書面で投票することができます。
ちなみに投票をしない場合は、全て賛成票とみなされます。

また、決定される事項の重要性によって、普通決議と特別決議があります。
普通決議は、過半数以上の賛成があれば決定することができます。
特別決議は普通決議よりも慎重な判断が必要な事項で、3分の2以上の賛成があれば決定することができます。

株主総会は出席して、議決権を行使するだけでなく、ある一定の条件を満たした大株主になったりすると、企業に提案などをすることができます。
例えば、配当金の増額や取締役の選任の要求などの提案をすることができます。

その他にも、株主総会に出席するとお土産を貰えることもあります。
お土産は、自社製品やクオカード、割引券などさまざまなものがあります。

また、株主総会には、毎年決算後に定期的に開かれるものと、臨時で開かれるものがあります。
臨時で開かれるものは、必要があるときに開かれるので、いつでも開くことができます。

株の配当金と損失で損益通算できるの?

株の配当金と損失で損益通算できるの?

株式投資は資産運用として行われますが、投資元本を割り込むリスクが存在するリスク型金融商品となりますので、慎重な投資判断が求められます。 株式投資には、様々な投資スタイルと目的があり、個々のトレーダーによって異なります。 従来、株を所有する人は富裕層と考えられ、現金のみではなく金融資産の一部として分散して投資し、インカムゲインを期待するという考え方の人が多かったのですが、現在では株式売買手数料自由化や証券完全電子化に伴いインターネットトレードが主流になるとトレーダーの数も増え、短期でキャピタルゲインを期待するトレーダーや配当金や優待を期待するトレーダーなど様々な投資スタイルと投資目的のトレーダーが市場に資金を投じます。 互いのトレーダーが市場に投じた莫大な資金のリターンを期待しますが、金融投資は市場での売買にて成立する取引であり、利益確定の裏で損失を出す人もあります。 金融投資であるがゆえに、必ず利益が出るばかりではなく損失が出ることもあります。 株式投資で損失が出た場合、その損失を補うことが可能です。 株式投資の損失はあくまでも株式投資の利益から、損益通算として行われます。 赤字分を黒字分から差し引き、利益と損失を合算して計算します。 先に8万円の損失が出ていた場合、のちに10万円の利益が出ても2万円分にしか課税されません。 逆に10万円の損失が出て、のちに8万円の利益が出た場合8万円には課税されず、差し引き2万円分の赤字は次回の利益分から相殺されます。 基本的に株式投資における課税は分離課税であるため、他の所得と区別され、投資運用の損失は分離されて課税されます。 特定口座を開設して取引をする場合、損益は自動通算され、一般口座を開設している場合はそもそも課税されないため、確定申告にて損益通算を行います。 これまでに投資運用の課税方式の説明をしましたが、ここからさらに詳しく損益通算について説明してゆきます。 損益通算をする場合は申告分離課税を選ぼう 投資運用の損失は通算できますが、一般口座の場合確定申告が必要となります。 特定口座の場合、前回の取引での損失はのちの取引での利益で通算されます。 但し、年初営業開始日から年末最終営業日までの取引内での通算となり、年を跨ぐ通算はされません。 上場株式等の譲渡益等や配当等は申告分離課税が適用されます。 申告分離課税とは分離課税の一種で、総合課税とは別に課税されるため、確定申告では他の所得と分離して単独で課税されます。 申告分離課税は確定申告を行いますが、他の所得とは合算しない方法として考えられ、同じ分離課税で源泉分離課税となると申告の必要がなく、同様に他の所得とは分離されます。 上場株式を保有し、当該企業が利益が出た場合配当金を投資家に分配します。 配当金には20.315%(国税15%・地方税5%・特別復興税0,315%)の源泉所得税が徴収され、税金を差し引いた金額で受け取ることになります。 申告分離課税の場合、配当所得と合算で株式の譲渡損と配当金を損益通算にて相殺することが可能となります。 2014年からスタートしたNISA(総額投資非課税制度)枠内で取得した株式に対しては損益通算は適用されませんので注意してください。 NISA枠で取得した株式に関しては利益確定分および配当金に対して課税されない制度であるため、NISA枠という一般口座でもなく、特定口座でもなく、NISA口座という別枠での取引となるため、申告分離課税として損益通算はされません。 NISA口座は5年間スライドで6年目には特定口座として配置され、その時に購入価格を割り込んでいても損益通算がされず、その後の売却時には課税対象となるため、制度そのものを理解して取引しましょう。

権利確定日と権利落ち日を知って置こう

権利確定日と権利落ち日を知って置こう

株式投資を行うのであれば最低限知っておきたい基礎知識と言うものがいくつかあります。 例えば権利確定日や権利落ち日に関する知識はその代表的なものの一つに数えることが出来るものとして知られています。 株式投資で利益を追求する方法には大きく分けて二つの方法が存在していますが、株式を保有していることにより得ることが出来る配当がそのうちの一つとして知られています。 銀行の預金で言うところの利息の様に一定期間に一度のスパンで受け取ることの出来るお金が配当金と呼ばれています。 配当金は銀行預金の利息とは異なり、基本的に株式保有期間は配当とは関係がありません。 ただ権利確定日に株式を保有しているかどうかが重要であると言えるのです。 この様な仕組みについてしっかりと知識を持っていることにより、最も効率よく株式を保有し、配当金の権利を獲得することが出来るようになると言えるでしょう。 このように配当を受け取る権利が確定する日のことを権利確定日と言い、売却しても配当を得る権利が残る最初の日のことを権利落ち日と言うのが一般的です。 この様に配当金には株式保有期間に関係なく配当が分配される仕組みになっていますので権利確定日と権利落ち日がいつであるかを把握しておくことにより無理なく配当の権利を獲得することが出来るようになるでしょう。 配当の獲得を主な目的として運用をしているのであれば、限られた資金で大きな配当金を得ることが出来るように株式保有期間を最小にしつつ、配当をしっかりとえることが出来るように資金管理をするということも重要になってきます。 権利落ち日には大きく株価を崩す場合もありますので必ずしも権利落ち日に売ることが推奨されるとは言えませんが、株式保有期間を最小にすることで大きな利益を獲得できるようにしたいと考えているのであればそれぞれの銘柄と月次に応じて変化する権利確定日などの情報に対してもアンテナを張っておくようにするべきです。 権利確定日に注目しよう 株式投資は多くの人がかかわるという点において非常に感情的な値動きをする場合があります。 その典型的な例の一つが配当金の問題であると言えます。 一部の銘柄を除き、配当金を得るためには株式保有期間を長く保つ必要はありません。 株式投資の場合には透明性のある仕組みでルールが作られていますので、ルールに沿って判断をするという非常に当たり前の基準が用いられるのが一般的です。 投資家が是非とも把握しておきたい情報としては権利確定日の情報があると言えるでしょう。 株式投資に慣れてくるとわかることでもあるのですが、配当金が魅力的な株の場合には権利確定日の直前を中心に多くの人が集まってくるという傾向があります。 そのため権利確定日直前まで価格が高騰する場合も少なくありません。 場合によっては配当金を獲得するよりも売却して値上がり益を確保した方がメリットがある場合もあるのです。 しかしいずれの場合においても、権利確定日に関する知識は必須であると言えるでしょう。 この時期を意識しておくことにより実際の株価の変動に惑わされることなく、安心して取引を行うことが出来るようになると言えます。 配当金を得ることを最大の目的にしているのであれば権利確定日に関する情報には常日頃から目を向けておく必要があると言えます。 この様な視点は配当金を必要としているかしていないかに関わらず、投資家としては最低限必要な基礎知識であると言えるでしょう。 この様な考え方をしっかりと身に付けることによって、様々な活動に参加することが出来るようになってきています。 投資家としては権利落ち日がいつになるのかについて、しっかりと把握をしておく必要があると言えます。

株主総会にはどうやったら出席できるの?

株主総会にはどうやったら出席できるの?

株主総会とは、会社の決算報告や、取締役や監査役の人事異動に関する決議など、そこの企業の株式保有している人が、意思決定を行う場になります。 株主なら誰でも出席することができ、保有している株数によって、議決権の投票できる数などが変わってきたりします。 株主総会は、株式を保有していれば出席することができますが、いつでも保有していれば出席できるというわけではありません。 企業から株主総会の案内が届く必要があるのですが、その案内が届くためには、案内を発送されるときに、企業の株主名簿に記載されている必要があります。 そのためにはある特定のときに、株式を保有している必要があります。 ある特定の日とは、権利確定日です。 例えば、3月決算の企業なら、3月の権利確定日に株式を保有していれば、株主総会に出席することがてきます。 権利確定日は、通常、決算月の末日の株式が取引されている営業日になります。 ただし注意しないといけないのが、権利確定日に株式を購入しても、株主総会に出席することはできません。 株式は、購入してから受け渡しまでに4営業日必要になります。 つまり、売買が成立してから4営業日目に自分の名義に書き換えられるのです。 なので、売買が成立した時点ではまだ、自分の名義になっていないので、権利確定日に購入しても株主総会には出席することができないのです。 株主総会に出席するためには、逆算して権利確定日の3営業日前には購入する必要があります。 つまり、3営業日前に売買が成立していれば、ぎりぎり権利確定日には自分の名義に書き換えられているので、株主総会の案内が届き出席することができます。 権利確定日に株式を保有していれば、例え翌営業日の権利落ち日に売却しても、株主総会には出席することがてきます。 保有している期間がたった1日だったとしても、権利確定日にさえ保有をしていれば出席することはできます。 逆にら権利確定日以外にどれだけて保有していても、出席することはできません。 株主総会ではなにを決めるの? 株主総会とは、よくニュースなどで耳にしますが、実際は何をする場なのか知らない人も多いと思います。 株主総会では、企業の決算報告も行いますが、企業の重要事項を株主が決定します。 この企業の重要事項とは、さまざまなものがありますが、企業の定款の変更や取締役、監査役など選任、会社の解散や合併などです。 また、M&Aなどの企業買収による防衛策の発動の許可などがあります。 企業の重要事項の決定に株主は、賛成や反対の投票をします。 通常、保有している株数によって、投票できる数が変わってきます。 投票できる数は、1単元につき1票になっています。 株主総会に出席しないと投票できないわけでなく、遠方に住んでいたり、色々な事情で出席できない人は、書面で投票することができます。 ちなみに投票をしない場合は、全て賛成票とみなされます。 また、決定される事項の重要性によって、普通決議と特別決議があります。 普通決議は、過半数以上の賛成があれば決定することができます。 特別決議は普通決議よりも慎重な判断が必要な事項で、3分の2以上の賛成があれば決定することができます。 株主総会は出席して、議決権を行使するだけでなく、ある一定の条件を満たした大株主になったりすると、企業に提案などをすることができます。 例えば、配当金の増額や取締役の選任の要求などの提案をすることができます。 その他にも、株主総会に出席するとお土産を貰えることもあります。 お土産は、自社製品やクオカード、割引券などさまざまなものがあります。 また、株主総会には、毎年決算後に定期的に開かれるものと、臨時で開かれるものがあります。 臨時で開かれるものは、必要があるときに開かれるので、いつでも開くことができます。

配当金生活を送るためには

配当金生活を送るためには

不労所得にあこがれて株の取り引きを始める人も多くいますが実際に配当金だけで生活をすることは可能なのでしょうか?実は配当金を得るためにはいくつかの条件がありますので、株式取引をしていても生活できるレベルの配当金を得るためには銘柄をしっかりと選ばなくてはなりません。 株を持っていても毎月配当金がもらえるわけではなく、決算月の権利確定日に保有していた人が「株主」として認められ、配当金を得る権利をもらうことができます。 銘柄によっては株主優待をもらうことも可能です。 毎月決算があるわけではありませんので、毎月収入を得るためには決算がばらばらの銘柄を保有する必要があります。 多くの会社が3月決算となっていますので、3月分の配当金は高額になる傾向があります。 しかし2月や1月に決算を迎える会社は少ないので、生活するためにはもらった配当で数か月耐え抜くか、毎月もらえるように分散投資をしなくてはなりません。 分散投資をするメリットは他にもあります。 配当金は企業が利益を出すことができた年にもらうことができるものです。 赤字決算となってしまったら配当金が減額されることもありますし、場合によってはなくなってしまうこともあります。 1つの会社に集中して投資をしていると、その会社から配当が出なくなっただけで生活はできなくなってしまうでしょう。 また、そうした銘柄は株価も下がりやすいため、額面で損失が発生してしまうこともあります。 バラバラに投資をしていれば1つの会社の業績が悪くなったとしても、別の企業の配当金でカバーすることができるのです。 生活することを考えるのであれば、優待品で食料などの生活に使う物資をもらえる銘柄も魅力的です。 株主優待ではさまざまなサービスを受けたり割引をしてもらうこともできます。 多くの銘柄を持っている人ほど、そうした優待をたくさん得ることができます。 実は株主優待はたくさん投資をしていればその分多くもらえるというわけではなく、上限は決められています。 配当金生活をするためには元手はいくら必要? では配当金で生活するためには実際にどのくらいの元手が必要なのか計算してみましょう。 株価に対する配当の比率は企業の業績や株価によって異なりますが、おおむね数%程度のところが多くあります。 例えば2%として計算してみましょう。 100万円投資をしていたら2%、つまり2万円です。 2万円では生活が厳しいので、現実的なレベルで考えれば1000万円の投資で20万円の配当を得たいところです。 しかしこれは1月だけです。 毎月20万の配当を得るためには、6倍の元手が必要です。 12ではなく6なのは中間配当があるためです。 配当を得た会社の株を売却して翌月に備えることも可能です。 しかし一般的には配当が出た分、株価は下落します。 売買を繰り返していると元手が減ってきてしまう可能性がありますし、ちょうどよい価格で売買できるとは限りません。 元手の価値を減らすことなく配当を得たいのであれば、6000万円ほどの元手があったほうが良いでしょう。 実際のところ一般のサラリーマンが配当だけで生活をするとなると難しいものです。 株価の上昇による利益もあるかもしれませんが、取引が必ずしもいつも成功するとは限りません。 そしてもし仕事を辞めてトレーダーとして生きていく場合、取引に失敗してしまうと生活ができなくなるというリスクもあります。 主な収入源をトレードによる利益にすることは問題ありませんが、生活の基盤を崩すことがないように仕事を続けることも大切でしょう。 生活がかかってくると慎重な取引ができなくなってしまい、大きな損失を出してしまうトレーダーもいます。 仕事をしている時間は取引を考えなくてすみますし、仕事をすることはメンタルを冷静に保つためにも役立つでしょう。 ■ファーストリッチ投資顧問で株の配当金生活

TOP